神奈川県|リサイクルショップ横浜りさいくるらんど

  • トップページ
  • 運営会社
【無料の企業PR広告】

【無料の企業PR広告】

■該当件数28件 | <前へ | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 次へ>
TOP > 神奈川県 > 総合リサイクルショップ りさいくるらんど

リサイクルショップ横浜りさいくるらんど


初めて親元から独立するときに冷蔵庫と洗濯機を購入した。
当時は貯金もそれほどなかったので、少しでも安く費用を上げたいと思って、リサイクルショップで家具や食器、そして洗濯機と冷蔵庫を買ったのだ。
ある友人はすぐに壊れるから新しいのを買えと言ったが、リサイクルショップで買った。
何件かのリサイクルショップを巡って出会ったのが、2ドアの小さな冷蔵庫だ。それはきれいな銀色の外観をしていて汚れ防止のためかラップのようなものがかけられていた。箱入り娘ではないが「箱入り冷蔵庫」のように見え、大切に使われてきたように感じた。一目ぼれではないがすぐにそれにしようと決めた。
僕の一人暮らしにはなくてはならないパートナーだった。男の一人暮らしなので、残念ながら冷凍食品やビールがその大半を占めていた気がするが、なくてはならないパートナーだ。
そんな僕も結婚することになり妻との二人暮しが始まることになった。二人で暮らすならもう少し大きい冷蔵庫が必要だ、ということになり結婚を機会に買いかえることになった。
数年間のパートナーだった銀色の冷蔵庫はどうしても捨てる気になれなかった。かといって新居に持っていくわけにはいかないし、リサイクルにまわして誰か他の人が使うのもくやしい。
それで、実家の親にお願いし実家で今は使われている。
今は親父のビールと母親のワイン専用の冷蔵庫として活躍中だ。